SUGI FITNESS BLOG

柔道整復師とパーソナルトレーナー『NACA−CPT』資格を持っています。 フォローすると筋トレのやり方や栄養についての正しい知識が身につきます。 また筋トレ歴3年の身体の状態やトレーニングメニューがどんなものなのか知ることができます。 よろしくお願いします。

【筋トレがどうしても続かない人へ】誰でも続けることができます!

突然ですが、皆さんは一度決めたことは最後までやり抜けるタイプですか?

 

それとも三日坊主で終わってしまうことが多いですか?

 

僕は三日坊主で終わってしまう事が多い人間でした。

早起きしようと思っても出来なかったり、本を読もうと思っても続かなかったりしました。

 

筋トレを始めた時ももしかしたら続かないのかもしれないという不安はありました。

2年間筋トレする中で行きたくないなぁと思うことや実際に一定期間行かなかった時期もありました。

そんなことがありつつも最終的にトレーニングをなぜ続けることが出来たのか?という事を今回ブログに書いていきます。

 

このブログでは、

・何ごとも途中で諦めてしまう人

・続けたいのになかなか続かない人

・これから筋トレを初めようとしていてどうしたら続けられるのか知りたい人

に向けて書いております。

良かったら見て行ってくださいね!

 

 

 

f:id:sugi326soccer:20201127215503j:plain



 

 

 

1.目標の設定

 

実はこの目標設定が一番大事になります。

(初めから大事な事を伝えていくスタンスです。笑)

 

何かを始める時は、

どんな身体になりたいのか?

体重をどのくらい落としたいのか?」の目標を決め、

 

「なぜトレーニングをしているのか?」

 

ということを常に明確にし意識することが非常に重要です。

 

僕の場合、筋トレを始めたきっかけというのが

マッチョになりたい!

という願望よりも

自分のスキルとしてトレーニングを学び、仕事として指導できる立場になりたいと思い始めました。

 

しかし、筋トレをやり身体の変化を感じると、

もっとかっこいい体を目指したい!

と思うようになっていました。

 

このように目標を設定したとしても途中で変わる場合もありますが、

それはそれで良いと思います。

 

しかしゴールがない状態で何かしていても結局は迷ってしまうだけです。

自分のゴールを定めてそれに向かってまず行動して行きましょう。

 

2.周囲に筋トレしていると公表する

 

周りに公表することで、簡単にやめられなくする方法です。

(自分を追い込むことでやめれなくする作戦ですね。笑)

 

特に一番効果的なのは、もうすでに周りで筋トレしている人に言うことです。

そうすると次にその人に会った際に必ず、

最近筋トレどう?

と質問が飛んできます。

やはり近況を報告しあうことによってお互いを高められる効果もあるのではないかと思います。

 

3.誰かとと筋トレしてみる

 

いつもは自分一人で黙々と行うのが筋トレですが、たまにはパーソナルトレーナーをつけたり、友達を誘ってトレーニングをするのも気分転換になります。

また一人一人トレーニングの仕方も違ったりする場合があるので新しい発見が生まれることもあります。

僕の場合は負けず嫌いなので友達が自分より重量を挙げていたり、またプロポーションが自分より良いなと思ってしまうと自分もより頑張らなきゃと思うことが出来ました。

 

もちろんトレーニングは人それぞれやり方や頻度など違うので、比べすぎるのも良くはないですが……。

 

4.自分の理想の身体を見てモチベーションを上げる

 

僕は毎日、筋トレYOUTUBERの動画を見て

どんなトレーニングをしているのか?

どんなトレーニングが効果的なのか?

を見ていました。

 

まためちゃくちゃマッチョな人がかっこいいBGMとともにトレーニングをしている姿を見るとモチベーションがグッと上がります。 

特に自分の中で目標にしている身体があれば、その身体に近い人のトレーニングを見ることをおすすめします!!

次の日の筋トレがとてもモチベーションがあがった状態で出来るでしょう!

 

5.頑張りすぎないこと

 

意外とこれが大事なのかもしれません。

ボディビルの大会で優勝したいという目標があれば、別ですが一般的には痩せたいやかっこいい身体を目指したい人が多い中で、頑張り過ぎてしまう人がいます。

 

やはり頑張り過ぎて疲れてしまい、途中で諦めてしまうのがとてももったいないです。

 

僕は仕事終わりによくトレーニングをするのですが、疲れているときは自分の好きなトレーニングだけするとか、30分だけトレーニングするとか途中で妥協する日があったりしました。

 

そういった日がなければ、筋トレも続けるのは難しかったと思います。

 

6.まとめ

 

いかがでしたか?

少しでもトレーニングを続けるための参考になれば良いなと思います!

僕も無理せず、筋トレを常に楽しみながらやっていきたいと思います!!

皆さんも楽しんでトレーニングしてくださいね!

では!



twitter.com